爪とぎ 猫 しつけ方

猫のしあわせに貢献するものって?

 

猫が爪とぎをする際のしつけ方

猫が爪とぎをする際のしつけ方についてなのですが、飼い主にとって最も悩みの種だと言われているのが猫の爪とぎなんだそうです。家の中にある家具や柱、壁、カーテン、ドアの下など家中のさまざまなところで猫は爪を研いでしまうようなのですが、猫にとって「爪」というのは、自分自身の身を守るものであり、または獲物を捕まえるためにある大切な武器となっています。なので、猫の爪は頻繁に爪とぎをして、古い爪をはがし、爪を尖らせておき、きちんとお手入れをしておく必要があります。

 

このような爪とぎの習性が猫にはあるのですが、猫の爪とぎと言う行動には猫のストレスを発散させたり、落ち着かせたりする効果もあるといわれています。また爪とぎには、マーキングの意味もあって、爪あとだけでなくて、その場所に自分の臭いをこすりつけておくことで、縄張りを主張することができるんだそうです。

 

これらのように、猫の爪とぎにはさまざまな目的や役割があるので、無理やり止めさせると言うことは無理に近いのではないかと思います。しかし、猫自体は決して悪いことをしている訳ではないのですから、爪とぎは決められた場所でのみするように習慣つけるようにしたいものです。

 

猫はさまざまなところで爪をといでしまい、研ぎ心地のよかったものを選び、そこで爪を研ぐようになるといわれてますが、そもそも爪を研ぐ場所に選びやすいところというのは、猫の爪がある程度引っかかりやすくて、そこの表面がガサガサしていて、安定感がある高さの場所に限られます。なので、ペットショップなどお店に売っている猫用の爪とぎの商品をご用意されることをおすすめいたします。

 

どのようなものがあるかと言いますと、カーペットタイプやダンボールタイプ、木製タイプなどさまざまな素材のものや、スタイルにも立てかけタイプや横に置くタイプなどがありますので、飼っている猫の好みに合わせて満足するものを選ばれてみてはいかがでしょうか。爪とぎのしつけをすることによって、家の中にある家具を守ることができますので是非試されてみてください。

 

猫のしあわせに貢献するものって?












 


QLOOKアクセス解析