猫 しつけ 上手

猫のしあわせに貢献するものって?

 

猫に上手くしつけをするには?

猫に上手くしつけをするには?一体どのようにすべきかをここでご紹介いたしますので是非参考にされてみてください。猫を飼われている方にとってしつけはとても大事な事ではないでしょうか。もし猫が言うことを聞かないからと叱ってばかりいても、猫も飼い主も共にストレスがたまってしまう結果になってしまいます。

 

猫には普段から話しかけてあげたり、遊んであげたりスキンシップを取ったりとすることが大切なのですが、しかし、一日中猫と遊んでいるばかりにはいきません。ここでは猫に対するしつけを具体的にご紹介したいと思います。

 

まず、猫が悪さをしたら、その場ですぐに怒るようにしてください。その場で怒ることによって猫はびっくりして、こちらの顔をうかがうような感じになり、今している行為をやめるようになってくるかと思います。ここで注意しなければならないのは、後から怒っても全く意味が無いと言うことで、猫は何を何で怒っているのかを理解することができませんのでできるかぎり現行犯逮捕するようにしてください。また、怒ったら、必ず最後には誉めることもお忘れなく!ほめてあげることも大切です。

 

次に、猫が一度悪いことをして怒ったら、その行為に対しては全てを怒るようにしてください。飼い主の気分によって、怒ったり怒らなかったりしては、猫はこれが悪いことだと認識することができませんので、気をつけてください。これらのような事を猫に覚えさせるには、飼い主さんの根気が必要となってきます。飼い主さん側が途中で根気負けをすると、猫は許してもらえると思ってしまい、悪いことを悪いことだと認識しなくなります。

 

そして、猫は悪いことを認識してしまうと、その行為をする前に飼い主の顔をうかがうようになりますので、そのときにでもちょっとにらんであげると、これをするということは悪いことなんだ〜と再認識して猫は悪いことをしなくなりますので、根気強く猫をしつけていきましょう。きちんと向き合って猫にしつけをすることによって、今後猫と飼い主の間に信頼関係が結ばれてくるものだと思います。

 

猫のしあわせに貢献するものって?












 


QLOOKアクセス解析