犬 猫 しつけ 違い

猫のしあわせに貢献するものって?

 

犬と猫のしつけの違いとは?

犬と猫のしつけの違いとは?一体どのように違うのかおわかりでしょうか。犬と猫のしつけというのは違っていて、猫のしつけは犬をしつけるように簡単にはいかないものなのです。たとえば、家の中にある机や家具の上に乗るのを、止めさせるようにしつけをするときは、犬の場合には、机に乗るたびにしかり、それで乗るのを止めたらすぐほめてあげるというしつけ方法をしていくと自然と乗らなくなりますので、基本的に犬はしかられる事はしないというしつけ方法があります。

 

しかしながら、猫の場合はこのようにスムーズには行かず、一度机の上に乗って食べ物が食べられた場合は、猫にとっていい思いをしたのでまた乗ってしまいます。なのでしかられても効果はあまり期待できませんので、机の上に乗ると食べ物が食べられると言ういい思いをさせることではなく、猫が嫌いなことが起きる嫌な思いをするよという記憶を猫に植えつけることが重要なポイントとなってくるのではないでしょうか。

 

ではどうすれば猫は、嫌な思いをするのかと言うと、机にガムテープを貼ってみたり、アルミホイルを置いてみたりというようなことを試してみてください。また、猫は体がぬれてしまうことを嫌うという習性がありますので、水鉄砲などを使って水をかけてみるのもいいのではないでしょうか。

 

しかし、このとき注意しなくてはいけないのは、この嫌な事をしているのが、飼い主であるあなたということを、知らせてはいけないと言うことで、猫はもし嫌な事をしているのが飼い主だとわかってしまったら、飼い主が留守の時に机の上にに乗るようになってしまう可能性があります。猫にとって大事なことは、悪いことをするとしかられるということではなくて、悪いことをすると嫌な事が起きると思わせることなので、しっかりとしつけをしていきましょう。

 

猫のしあわせに貢献するものって?












 


QLOOKアクセス解析