猫 しつけ 上手

猫のしあわせに貢献するものって?

 

猫のしつけを上手くする方法

猫のしつけを上手くする方法についてご紹介いたしますので是非参考にされてみてください。猫を上手にしつけるためには、まず常日頃から猫と向き合って大切に愛情を注いであげることが大事です。厳しくしつけると言うことも場合によっては悪くはないのですが、優しくしつけてあげた方が可愛げがある猫に成長していくのではないでしょうか。

 

まず猫のしつけについてなのですが、一番大事なのはスキンシップや話しかけてあげるなど、愛情をたっぷり注ぐことです。しかし、その中でも一緒に生活していく上でのいい事や悪いことはつけさせなくてはいけませんので、できる限り子猫のうちからしつけをしっかり行って、いいことと悪いことの区別を付けさせるようにするのがベストです。

 

また、子猫のうちは、机の上に登ったり、甘咬みしたりする行為さえも可愛く思えてきますが、これこそ大人になったら治すのは大変なことですので、心を鬼にしてしかってしつけるようにしてください。この時のしかり方についてなのですが、猫がいけないことをしたらその場で声を出して「こらっ!」と言うか、新聞紙などを丸めて猫の近くを叩いてびっくりさせるかなどをして、もしこういうことをしたら嫌な事が起きるんだという認識を猫に覚えさせることが大事なポイントです。

 

猫を飼ったとき、はじめにどこからしつけるのがいいのか?という疑問に思う方がたくさんいらっしゃるかもしれませんが、まずは猫の名前を教えてあげることからはじめてみることをおすすめいたします。これはコミュニケーションの第一歩ですので、少し離れたところから猫の名前を呼んであげて、もし来たらよく頑張ったね!などとほめてあげるようにしてください。こうすることで、食事時など猫の名前を呼ぶだけで自分から来るようになってきますが、そのほかのしつけについては、猫の習性をよく理解することが大事で、それを活かしたスタイルで猫しつけていくようにされることをおすすめいたします。

 

猫のしあわせに貢献するものって?












 


QLOOKアクセス解析