猫 しつけ 大事

猫のしあわせに貢献するものって?

 

猫のしつけで大事なこと

猫のしつけで大事なことは、もし猫が悪さをしたら間髪いれずにしかることです。たとえば、机の上においてある食べ物などを食べようとしたときに、「こらっ!」などと言って、言葉でしっかりと怒るようにしてください。このことを繰り返すことによって、これをすると怒られてしまうという認識が猫に植えつけられるようになるのですが、ここで注意していただきたいことは、決して猫を叩くなどの体罰を与えないで下さい。もし体罰だけ猫に与えてしまうと、恐怖心や嫌悪感だけが残るだけなので絶対にしなように心がけてください。

 

そして子猫のしつけかたの一つとしておすすめするのが、指先で子猫の鼻をちょっと押してみる方法で、子猫の鼻先を押すという行為は、母猫が子猫をしつけるためにするサインと同じだと言われています。ここで大事なことは、猫をしかった後で、もし悪いことをそこで止めた場合は、すぐほめてあげる事が重要なポイントです。これをやめるとほめられるという認識を植えつけるようにして下さい。

 

それではこれらのことを基本として、猫のトイレのしつけについてご説明いたしますが、トイレのしつけというのは比較的に簡単で、数回トイレの場所を猫に教えてあげることができれば、後は猫は覚えています。ただし、子猫だけではなくて、母猫と一緒の場合には、母猫のトイレの使い方によって時間がかかる場合もありますので、根気よく教えてみてください。

 

また、トイレは必ず常にキレイに清潔にしておくように心がけて下さい。猫は清潔好きでありますので、もしトイレが汚いとストレスを感じてしまい、トイレをがんまんしてしまう可能性もあります。もしろんトイレを設置している場所には、清潔さだけでなく消臭剤を置いたりして匂いにも気をつけるようにされてください。

 

猫のしあわせに貢献するものって?












 


QLOOKアクセス解析