猫 スプレー行動 去勢手術 

猫のしあわせに貢献するものって?

 

猫のスプレー行動中の去勢手術について

猫の去勢手術についてご説明いたしますが、雄猫は発情期になった場合には、「スプレー行動」という行為を壁に向かってや、そこらじゅうにおしっこを、少しずつかけながら歩くという行動をするようになってきます。そもそもこのスプレー行動は、猫自身の縄張りを主張するという意味を持っているようなので、突然やめさせるということはできません。

 

きちんとトイレをしていた猫が、突然にスプレー行動をするようになってしまうと、あちこちにおしっこをしながら歩くと言う事態になってしまいます。たとえば、猫がこのスプレー行動をしてしまった後に「去勢手術」をしたとしたら、猫のトイレのパターンが乱れてしまいますので、元通りに直すのは非常に難しいといわれています。

 

また猫の繁殖をお考えでいないのであれば、この「スプレー行動」が出てしまう前の生後7ヶ月から8ヶ月後くらいに「去勢手術」をすることをおすすめいたします。もし雌猫の場合は、発情期の際に交尾をせずに過ごした場合には、トイレのパターンが乱れてしまうことがあると言われており、このときに発情期が過ぎると元に戻りますので、これらの期間中はできればカゴの中などで飼うようにするなどきちんと対処されるようにしてください。

 

もし、猫の赤ちゃんを必要としないのであれば、「不妊手術」も考慮されてみてはいかがでしょうか。また、不妊手術を自然とは反比例してしまうという理由で否定する方もいらっしゃいますが、しかし交尾をするとなると100%の確立で猫の赤ちゃんが生まれてしまう結果になってしまいますので、その後で後悔しても遅いかと思います。

 

なので、どのような理念で猫を育てていくのかは、飼い主であるあなたの考えでいいとは思うのですが、飼い主にとっても猫にとってもできれば条件がよくなるように、是非真剣に考えてみられてはいかがでしょうか。

 

猫のしあわせに貢献するものって?












 


QLOOKアクセス解析