猫 スプレー行為

猫のしあわせに貢献するものって?

 

猫のスプレー行為とは?

猫の「スプレー行為」という言葉を聞いたことがあるかと思いますが、猫のおしっこの臭いは誰にでも臭いと感じさせます。以前読んだ本の中に「猫の先祖はエジプトの砂漠で生まれた」と書いてありました。そのせいなのでしょうか、猫は乾燥した環境にも対応できる体となっているため、他の動物に比べて水分をあまり補給しなくても大丈夫だと言われています。

 

もし人間の体で体内に水分が少なくなってしまうと、おしっこの色が濃くなったりして、臭いも出てくるのですが、猫も同様で体内の水分量が少ないために強烈な臭いを発してしまいます。猫の行動の一つに「スプレー行為」というものがあるのですが、これは縄張りを主張したり、雌猫に対して存在をアピールをしたりするためだそうで、おしっこをオチンチンの先をジェットノズルのようにして、スプレー状に吹き付ける行為を指しています。このように猫のくさい臭いを吹き付けてしまうわけですから、家の中でやられたらにおいが部屋中に充満してしまいます。

 

また、このスプレー行為は去勢手術をすることによって、ほぼ行為自体しなくなるらしいのですが、たまにするスプレー行為をする猫もいるようです。去勢手術の時期についてなのですが、生後8ヶ月頃から手術を受けることが可能で、これより早く手術をしてしまうと病気になる恐れがありますので気をつけなければなりません。

 

しかしながら、猫は他の動物と違ってオチンチンというのは小さいのですが、それが去勢手術によって更に小さくなるそうなので、先にゴミや尿石が詰まってしまう恐れももあります。なので丹念に洗ってあげるなど飼い主がしっかり世話をしてあげることが必要となりますので、ちゃんと猫に愛情を持って接していくようにして、うまくしつけが出来るようにしていくようにしてください。

 

猫のしあわせに貢献するものって?












 


QLOOKアクセス解析