猫 食事 健康管理

猫のしあわせに貢献するものって?

 

猫の食事と健康管理について

猫の食事と健康管理についてお話したいと思います。猫のしつけの一つに、食事の仕方と健康管理をきちんとするというものがあるのですが、これはすごく大事なことなのです。通常は、缶に入ってあるキャットフードで、主食総合栄養食という表示がされているものと、お水をあげるだけで大丈夫なのですが、食べさせる量は猫によって違いますので、猫にあったタイプのものを、適量あげるようにして、猫がどのくらい食べているかを常に確認しておくようにしてください。

 

猫に食事を与えるのは、子猫の場合は朝と昼と夜の1日3回で、大人の猫の場合は、朝と夜の1日2回あげるようにするのが普通です。そして、お水はいつでも飲めるように毎回取り替えてあげるようにしてくださいね。また、食器が不衛生なのは猫が嫌がるので、あまりおすすめできるものではありませんので、いつもキレイに清潔に保っておくようにしてください。

 

猫のおやつについてなのですが、これは人間の子供と同じことがいえるのですが、与えすぎると癖になってしまい、ご飯を食べなくなったりする上で、おやつが主食になってしまうようになってしまうことがあります。またおやつによっては、下痢気味っぽくなってしまったり、虫歯や病気のもとになったりしてしまうこともありますので、注意するようにしてください。

 

また、猫にあげてはいけない食べ物を以下にあげてみましたので是非参考にしされてみてください。@熱い食べ物A冷たすぎる食べ物B甘いものであるお菓子C硬い肉や魚の骨D味噌汁EイカF魚介類の内臓Gわさびやカレー粉などの香辛料H煮魚やしょうがを使っているものIたまねぎが入っている食べ物といったようなものはできる限り猫に与えないようにしてください。特にイカは猫が好んで食べたがるものなのですが、食べさせてはいけない代表的なものですので、注意するようにしてください。そうすることによって猫は長生きすることができるのではないでしょうか。

 

猫のしあわせに貢献するものって?












 


QLOOKアクセス解析