猫 しつけ 前

猫のしあわせに貢献するものって?

 

猫のしつけをする前に

猫のしつけをする前にまず読まれてみてください。よく犬と猫を比較してしまい、犬は言うことを聞くのに、なぜ猫は聞かないの?と言う方がいらっしゃいますが、これは大きな誤解であり、猫は自分で判断する習性を持っている動物です。なので、学習能力もあるし知能が低いわけでは決してありませんので、犬と猫を比較すること自体がおおきな間違いだと思います。

 

そもそも犬と言うのは、本来群れを作って生活していますので、リーダーの指示に従うと言う習性があるためややしつけやすいのですが、猫は逆に野生時代に、単独で生活を送ってきた動物であります。なので自分の身を守るために、自分で判断すると言う習性があり、そのため誰かの指示に従うと言う必要が無いため、このような「言うことを聞かない」という現象が起きているのではないでしょうか。

 

もしろん猫にもきちんとしつえを教えれば、犬のようにお手やお座りなど出来ると思うのですが、元々覚える必要が無いものですので、猫はただ覚えようとしないだけではないでしょうか。猫に対しては、しつけというものの、命令という概念ではなく、提案という考え方のほうがいいかと思います。

 

しかしながら、猫と同じ家で一緒に生活していくのですから、ある程度のマナーやしつけというのは必要となってきますので、犬と同じように人間のルールを押し付けてコントロールすると言うやり方はおすすめできません。猫にも飼い主にもみんなが快適に暮らせるようにお互いのルール作って、それを守ると言うことが大切なことで、猫がトイレをきちんと決まった場所でするようにしつけをすること、爪も決まった場所で研ぐようにするしつけをするなど猫に対してあくまで、「提案」をするようにしつけられてみてはいかがでしょうか。

 

これらのようなしつけは、できれば子猫の時期から行ったほうがより効率的で、小さいうちの方が早く覚えてくれます。もちろん大人の猫でも根気強くしつければ大丈夫ですので、焦らずにゆっくり構えて猫のしつけに取り組むようにされてください。猫のしつけは以外に簡単なものですので、あまり深く考えすぎないように対応してくださいね☆

 

猫のしあわせに貢献するものって?












 


QLOOKアクセス解析