猫 嫌がる行為

猫のしあわせに貢献するものって?

 

猫が嫌がる行為とは?

猫が嫌がる行為とは、どのようなことでしょうか。ここでは猫のしつけについて書いてみましたので是非参考にされてみてください。もし思いあたるふしがありましたらできる限り改善するようにしてください。

 

そもそも猫には物事に対して、やって良いことと悪いことと言う善悪はつけられないために、何か悪さをして際に飼い主がたとえ叱っても反省もしないし、知らんぷりされてしまったりします。しかし、叱る材料になることは、人間にとって不都合なことを猫がした場合だと考えられませんか。猫自身は、好きなように家具の上に上ったり、ドアの舌で爪とぎしたりしているだけなので、決して飼い主に迷惑をかけていると言う認識がありません。

 

また、猫は大きな声で怒鳴られることが大嫌いで、飼い主は怒っていたとしても、猫は攻撃されているとしか思わないため、叱るだけの人はとっさに猫は「危険人物」と認識してしまい、その後怒れば怒るほど飼い主を避けるようになる可能性がありますのでご注意ください。

 

どのように猫にしてはいけないことを教えればいいのかここに具体的な例をあげておきますので是非参考にされてみてください。@霧吹きを吹き掛けることで、猫は体が濡れることをとても嫌がります。なのでもし猫が何かしてはいけないことをしようとしたら、猫の足元に霧吹きを吹き掛けるなどしてみてください。Aアルミホイルの上を歩く感触と言うのを猫は非常に嫌がりますので、例えば近寄って欲しくない場所や、大事な家具の前、もしトイレ以外の場所でトイレをした場合など、その近くにアルミホイルを敷いてみるようにしてみてください。B音で教えることで、猫がもし悪いことをしそうになったら手を叩いたり、声を「こらっ!」「No!」などして、「パンっ!」と音をだしたり、猫をびっくりさせるようにしてください。

 

また、もし猫が悪いことをしようとしたら、当たっても痛くないものを近くに投げてびっくりさせるようにしてみてください。そうすることで猫が自分がやったことが悪いことがと認識してくるはずです。根気よく猫のしつけをしていきましょう。

 

猫のしあわせに貢献するものって?












 


QLOOKアクセス解析