猫 散歩 仕方

猫のしあわせに貢献するものって?

 

猫の散歩の仕方

猫の散歩の仕方についてご説明いたしますが、そもそも「猫の散歩の仕方」と言う項目の情報は本やインターネット上のウェブサイトなどでもあまり見かけません。それに、猫を家で飼っていれば、猫は家の中ばかりにいてあまり外にでてくることがなく家でジーっとしているものではないでしょうか。しかしながら、そんなインドア派の猫も何かきっかけがあれば、アウトドア派に変わるかと思います。

 

そして、散歩の楽しさを知ってしまった猫は、なにかにつけて外に出たがるようになり、飼い主にニャーニャー鳴きついて散歩につれていってというアピールをするようになってきます。もし外に連れ出すときは、最初のうちはきちんと猫にリードを付けることが大切です。散歩が慣れてくると今度は自分で外に出ていき、自分で家まで帰ってくるようになってくるかと思います。これは、最初のうちは2時間から3時間の散歩だったのに、時間が経つにつれてだんだんと時間が延びてくるようになってくるかと思います。

 

また、最初のうちですが、猫にリードを付けている状態でもなるべく車やバイクの交通量があまり多くないところを選ぶようにされてください。そのうちに、飼い主の近所の買い物にまでついてくるようになったりもしますので、そうなったらお店に一緒に入るのは難しいと思いますので、待て!を覚えさせるようにしてくださいね。

 

これらを何回か繰り返すことによって、待て!もちゃんと覚えるようになって、お店からでたらまた自分で歩き出すようになったりもしますので、このように猫は外出を覚えてしまうと外にでたがってくるかと思います。なので、最初のうちはあまり無理しないで、少しずつ道を教えていくようにして、猫にとって最低限の安全を確保するようにしてください。でないと、無理をしすぎてしまったせいで、猫が帰ってこなくなったなんてならないように十分気をつけるようにしてくださいね☆

 

猫のしあわせに貢献するものって?












 


QLOOKアクセス解析