猫 問題行動 しつけ方法

猫のしあわせに貢献するものって?

 

猫の問題行動に対するしつけ方法

猫の問題行動に対するしつけ方法についてなのですが、飼い主にとって困る行動を猫がしてしまったことを「問題行動」と言うのですが、決して問題行動とは異常行動と言うことではありません。たとえばどのようなことが問題行動かと言いますと、机や家具の上に登ったり、咬んでしまったり、トイレ以外のところでトイレをしてしまったり、爪をカーテンなどで磨いだりするというような事です。

 

この「問題行動」を治すには、根気が必要になってきますので一度で治らないからと諦めないで、優しく見守っていくようにされてください。また、問題行動をするようになる原因を探してみるのもいいかもしれません。普段から猫にとってストレスが無い環境であるかどうかや、また猫が欲求不満の状態でいるときは、「問題行動」を解決すると言うことは難しいものです。

 

まず机にあがるという問題行動の直し方ですが、猫が机や家具などに登った瞬間に「こらっ!」としかるようにして、もししかって猫がその場から動かなくなったら、机や家具の上から降ろしてあげてください。このしかるということは、登るたんびに毎回しかってあげるようにしなければなりませんので、ただ飼い主の気分によってしったりしからなかったりすると、猫はきちんと理解してくれませんので辛抱して続けるようにしてください。

 

次に猫が咬みつくという「問題行動」についてなのですが、猫にとっては、これはただたんに遊んで!というサインですので悪気はありません。ですのでおもちゃなどで遊んであげてください。もし甘咬み程度ならいいのですが、それが痛いくらいに思いっきり咬んでしまったときは、きちんと「こらっ!」としかってあげるようにしてくださいね。

 

猫のしあわせに貢献するものって?












 


QLOOKアクセス解析