寝る 外出 猫 しつけ

猫のしあわせに貢献するものって?

 

寝る時と外出する時の猫のしつけ

寝る時と外出する時の猫のしつけについてご説明いたしますので是非参考にされてみてください。まずは、猫が寝る時のしつけですが、そもそも猫と言うのは夜行性の動物なので、夜皆さんがが寝た後でも、家の中で猫が走り回っているというケースは少なからずあります。しかしながら、これは本来の猫の姿であり、もし人間と一緒に行動を共にしていたとしたら、猫も自然とみなさんと同じ生活習慣が身についてくるものなのです。

 

そもそも猫は、環境に臨機応変していける動物でもあるのですが、マイペースでもあり、ただ猫が寝ないからという理由で、猫を無理やり寝かしつけようとしても逆効果ですし、人間の子供のように、夜ちゃんと寝かせるために、猫に昼寝しないように起こしておくと言うやり方は猫には通用しません。第一、毎日常に猫に付きっ切りでいるわけにはいかないかと思いますのでこのやり方には無理がありますので、飼い主自体が規則正しい生活を送るようにして、決まった時間に寝て起きていることで猫もそれに合わせて寝て起きるようになるのではないでしょうか。

 

次に、猫が外出するときのしつけについてなのですが、急に病院に行かなければならない時や友人の家などに外出するときのために、ケージ(かご)やキャリーバックに入れる習慣を付けておくようにしておいた方がいいかと思います。突然猫をキャリーバックに入れてニャーニャー騒がれたりしたら面倒ですので、普段から緊急のためにも、慣らさせておく必要がありますので、少しづつしつけしていくようにされてみて下さい。

 

どのようにケージ(かご)やキャリーバックに入れる習慣を慣らさせるのがいいのかと言いますと、普段から猫の目に止まるところに、ケージ(かご)やキャリーバックを置いておいて、いつでも猫が出入りが出来るようにしておくことによって、その中は安全だと認識してくれるかと思いますので、猫がいつもいる好きな場所に置いてみてはいかがでしょうか。

 

しかし、ここで注意しなければならないのは、ケージ(かご)やキャリーバックから猫を出すときに興奮して、暴れてしまうことがたまにある可能性もありますので、できればリードなど準備しておくことをおすすめいたします。これらのしつけをすることで、猫との関係がスムーズにいくのではないでしょうか。少なくとも寝る時くらいは、誰にもじゃまされずにゆっくり寝たいものですよね☆

 

猫のしあわせに貢献するものって?












 


QLOOKアクセス解析