猫 悪いこと 認識

猫のしあわせに貢献するものって?

 

猫に悪いことだと認識させるには?

猫に悪いことだと認識させるには?どうしたらよいのでしょうか。動物を飼った時、ただたんに飼っているのでは、後々大変なことになってしまいます。ある程度「しつけ」と言うものを教えないと、やりたい放題やられて手に追えなく場合もありますのでご注意ください。ここでは猫に対してのしつけのお話をさせていただきますが、まず、猫を怒るということについてですが、猫が悪いことをしたら、その場ですぐに叱るようにすることが大切です。もし後で叱ったしても猫は何に対して怒られているのかがはっきりと分かりませんので注意するようにしてください。

 

また、猫は耳が非常に敏感なため、「こらっ!」と大声を出すだけで、叱られているということを自分で認識しますので、同様な悪いことをしようとしたときに、声を出すだけで叱られているということを認識して悪い行動を行わなくなってきます。しかしながら、怒ることと叩くということは絶対にしないでください。そして、叱ってすぐに出来るようになったらほめてあげることも忘れずにしてください。

 

次にトイレのしつけについてですが、これは子猫の時期から徹底してしつけをするようにしてください。猫にトイレの場所を教えるには、トイレのしぐさである、部屋の隅の匂いをかぎまわったり、床を引っかくような行為などをしたら、猫をなるべく驚かさないようにトイレのところに連れて行くようにしてください。この行動を数回繰り返すことによって、猫はそのトイレを使うことを習慣で覚えるようになってきます。

 

そして、猫が安心してトイレができるように、トイレの中におしっこの匂いがついたティッシュなどを入れておくのも一つの方法です。また、トイレは部屋の隅など、できるだけ人があまり通らないところで、猫がリラックスして出来る場所に置くようにしてください。最後に、トイレの場所はコロコロ変えないようにする必要がります。もし変えてしまうと猫はどこにトイレがあるか分からなくなってしまいますのでできる限り同じ場所でトイレをさせるようにしてあげてください。飼い主さんのしつけによって猫の行動は変わってきますので根気よくしつけるようにしてください。

 

猫のしあわせに貢献するものって?












 


QLOOKアクセス解析