凶暴 猫 しつけ方

猫のしあわせに貢献するものって?

 

凶暴な猫のしつけ方

凶暴な猫のしつけ方についてご説明いたしますので、自分が飼われている猫が凶暴になってきてお困りの方は是非参考にされてください。猫の中にも凶暴性な猫というのがいますが、そのときのしつけとして、突然凶暴性が出てきた場合は、原因を見つけて取り除いてあげるようにしてください。

 

また、凶暴になった時手を猫に近づけると爪を立てたり、咬みついたりなどする猫はよくいますが、こういう時の猫は子猫のときに親兄弟と離れて1匹で暮らすようになった猫によく見られる行為で、親猫とかから咬まれた経験が無いために、咬む限度というのがよく分かっていません。もし子猫が噛み付くなどする場合は、飼い主がきちんとしつけるようにしてください。

 

このときのしつけの仕方ですが、咬まれたら「こらっ!」と声を出して叱るようにして、叱られても止めない場合は、猫の口元か鼻をかるく指ではじくようにされてみてください。絶対に強く叩かないようにしてください。これらを何度も繰り返すことによって咬むと怒られるという認識が猫についてきますのでだんだん咬まなくなってくるかと思います。

 

また、猫がひっくり返ってしまってお腹を見せる行為をしたら気をつける必要があります。この猫がひっくり返る体制は、服従の意味やお腹を撫でてほしいときなど、リラックスした時に出る行為でもあるのですが、攻撃態勢でもあることをお忘れなく!この体制だと4本の足を自由に使うことができますし、噛み付くこともできますので、この状態で大人の猫が行う場合は、無視してその場を立ち去るようにしてください。こうすることで、攻撃する相手を咬むことがなくなりますので癖がつかなくなるかと思います。

 

もしそれでもなかなか猫の咬み癖が治らない場合には、霧吹きスプレーや軽いものを近くに投げるなど猫が嫌がることをするという方法もありますので、スプレー自体も体に害がないもので、ペットショップなどに売っているお酢入りスプレーや猫が嫌いな苦いものなどがいいでしょう。是非凶暴になった猫へのしつけ対策として実行されてみてください。

 

猫のしあわせに貢献するものって?












 


QLOOKアクセス解析