猫 ハウス しつけ方

猫のしあわせに貢献するものって?

 

猫のハウスのしつけ方について

猫のハウスのしつけ方についてご説明いたしますが、そもそもハウスというのは、猫にくつろぎの場所を与えるためのものや、猫を運ぶ際に必要な、ケージ(かご)やキャリーバッグに入ることに慣れてもらうためのしつけのことです。このハウスのしつけをちゃんとできることによって、旅行や友人宅に行くときにも一緒に行くことができるし、緊急に病院に連れて行かなければならない時や、万が一の災害のときにも猫に抵抗されずに連れ出すことが可能となりますので猫が慣れてきたら、ハウスのしつけもやってみましょう。

 

このハウスのしつけが出来ないと、たとえば緊急に病院に連れて行くときや、ケージ(かご)やキャリーバッグに入れようとするだけで猫は不安になってしまい、抵抗してしまうこともあり、なかなかケージ(かご)やキャリーバッグに入ってくれなくなります。ここで注意してもらいたいことは、ハウスというのは決して、猫のお仕置き部屋ではないということなのです。猫が悪さをしたから、ハウスに入れたりするとか、お客さんが来たからハウスに閉じ込めてしまうというようなことには絶対に使わないようにしてください。

 

あくまでもハウスは、猫にとって楽しくて安心できる場所であるということを、認識させる必要がありますので、閉じ込めることだけはしないように!では、どのようにハウスをしつければいいのかというと、猫がケージ(かご)やキャリーバッグに入ってもらうのには、そこが猫にとって幸せで楽しくて、そして安心できる空間である場所と言うことを教えてあげればいいだけなのです。そのためには、ケージ(かご)やキャリーバッグなどを必要な時だけに、どこかから引っ張り出してくるのではなくて、普段からケージ(かご)やキャリーバッグなどを部屋の中に出しておくことで、猫の目に入り、猫が自然と入れるような状態にしておくことがベストのハウスしつけ方だと思います。
絶対に無理やりケージ(かご)やキャリーバッグに入れるのではなくて、自分から入るようにそっと見守っていくことが大切ですので、決して注目しすぎたり、騒いだり驚かしたりしないように気をつけてください。こうすることで緊急事態が起きても何が起こっても一安心できるのではないでしょうか。

 

猫のしあわせに貢献するものって?












 


QLOOKアクセス解析