猫 ほめ方 しかり方

猫のしあわせに貢献するものって?

 

猫のほめ方としかり方のすすめ

猫のほめ方としかり方のすすめについてご説明いたします。まず、猫のしつけをする上で、しかると言うことは、ものすごく大事なことなのですが、しかしながら、しかると言ってもちゃんとしたしかり方があるのはご存知でしょうか。もしただたんにしかっているだけのような、間違ったしかり方をしてしまえば、猫も臆病になってしまったり、常に飼い主の顔色を伺ってしまうようになったり、飼い主を見てそっぽ向くようになってしまうのではいでしょうか。

 

またしかるにはできるだけ声だけでしかるようにして下さい。間違っても猫を叩いてしまったと言う行為は絶対しないようにしてください。もし猫を叩いてしまったらいたずらに、恐怖心だけを植えつけてしまう結果になってしまいますのでご注意下さい。

 

それでは、どのようなしかり方をすればいいのかと言うと、しかるときには、ただ感情に任せて声を荒げてしまったり、叩くことによって猫に苦痛を与えたりしまったという飼い主と猫という信頼関係が崩れるような行為は絶対にしないようにして下さい。これは、猫に恐怖心を植えつけてしまうか、猫を興奮させてしまうようになりますので絶対にやめて下さい。

 

次に猫をしかるタイミングについてなのですが、現行犯逮捕をすることが肝心です。これは、猫がいたずらした結果を実際に見て、そのことについて後で猫をしかったところで、猫は何で自分が叱られているのかがわからないため、全く効果が得られません。猫しかるときには、そのいたずらをしている行為の際にしかるようにされて下さい。

 

そして、もちろんしかるのとは逆にほめることも猫には大切なことなのですが、ほめ方にも注意が必要となってきます。たとえば、過剰にほめすぎないように、猫が好きな所を撫でてあげるなどしてコミュニケーションをとるようにされてください。これだけで十分にほめてあげていることになりますので、強いしかり方とほめ方をするのはできるだけ避けて下さい。

 

猫のしあわせに貢献するものって?












 


QLOOKアクセス解析